女性は起業で成功できるのか?実は男性よりも優れている件

「起業家」と聞くと、ヒルズ族のようにバリバリお金を稼いで優雅な暮らしをしている男性を思い浮かべますよね。

でも実は、男性よりも女性の方が起業して成功しやすいという研究結果が、いくつもあります。

つまり、男性が起業して成功できるのであれば、女性はなおさら起業で成功しやすいということ。

なぜこのような研究結果が複数発表されているのかというと、男性の意思決定(判断基準)と女性の意思決定の性質が異なっているからです。

女性は、その能力を活かすことができると、起業で成功できるのです。

とはいえ、男性の判断が間違っているということではありません。

それだけでは足りていないことがある、ということです。

なので、男性は女性の意思決定の仕方を取り入れると、なおうまくいくようになります。

そして女性は、今からお伝えすることを意識的に行うと、起業して成功することができるでしょう。

目次

男性よりも女性の方が起業で成功する?!

男性よりも女性の方が起業で成功する

アメリカのS&P500の調査

アメリカのS&P500(日本でいうところの東証株価指数のようなもの)の企業の中で、男性CEOと女性CEOの判断能力を調べたものがあります。

CEOを男性が務める場合と女性が務めるとで、業績に差が生じるのではないかという疑問があったからです。

その結果、女性CEOの方が判断スピードが早いことが分かりました。

しかも、その判断の良し悪しは、特に問題なかったのです。

マクマスター大学の研究

カナダのマクマスター大学が2013年に行った研究では、取締役会に女性がいると利益率が上昇し、破産リスクが減ることが分かっています。

研究の概要

【目的】 企業の業績に基づき、社長が男性の場合と女性の場合とでどのような違いがあるのかを調べ、それぞれのメリット・デメリットを調査するもの。

【仮説】 男性と女性のメリット・デメリットを知れば、それぞれどのように起業すると良いかわかるはず。

【方法】 企業の取締役(CEOなど)を務めている男女622人を集め、それぞれどれだけ質の良い判断を素早く行い、会社の利益に結びついているか調査した。

【結果】 取締役会に女性を置いている企業は、そうでない企業に比べ、42%も利益率が上回っていた。

しかも、取締役会に女性を一人入れるごとに、破産リスクが20%減ることが分かった。

利益率を高めて存続する会社にするためには、取締役に女性が欠かせないということである。

なぜ女性は起業で成功しやすいのか

なぜ女性は起業で成功しやすいのか

男女の意思決定の違い

経営者が物事を判断するとき、男性と女性とで判断基準が異なります。

男性:規則や伝統、経営理論をベースに意思決定する

男性は、経営学や決まり事、データなどを中心に判断するようです。

そのことはもちろん大事なのですが、残念ながらそれだけでは上手く仕事は回りません。

なぜかというと、チームメンバーやお客さんのことをあまり考えないから。

会社の利益を最大化する方法を考えようとし、従業員や顧客の利益よりも自分の会社の利益を優先する傾向にあります。

会社の利益を考えることは必要ですが、それだけだと次第に人が離れていくので、結果的に利益が下がり、最悪倒産してしまうことになるのです。

女性:他人の視点をベースに意思決定する

女性は他人の視点がベース

皆はどう考えているか、自分が相手だったらどうするかなど、女性は従業員や顧客の目線で判断する傾向にあります。

しかも、従業員によく質問をして意見を取り入れることもするため、チームのモチベーションアップにもつながります。

また、会社よりも顧客の利益を優先に考えるので、顧客一人当たりの利益率は低いかもしれませんが、それ以上に人が集まり、結果として利益率が高くなるのです。

チームには多様性が必要

チームには多様性が必要

男性と女性の意思決定の違いだけを見ると、「もう男性はいらないのではないか」と思うかもしれませんが、実は女性だけの意見で判断するのも危険です。

チームをつくる時に最も大事なことは、多様性です。

男性と女性を混ぜると、男性オンリーや女性オンリーのチームよりも、格段に上手くいくのです。

さらに、それぞれ違うジャンルのバックグラウンドを持っていると最高です。

どういうことかというと、それぞれ異なった何らかの専門家であること。

様々な考え方を持った人たちが集まると、色々な視点から物事を判断することができるようになるため、バランスが取れた判断を行うことができるようになるのです。

女性が最終的な意思決定を行うにしても、男性の意見をしっかりと取り入れたうえで判断することが好ましいでしょう。

まとめ

一般的に、男性よりも女性の方が共感力が高いと言われています。

男性も女性も、この共感力が起業で成功するための最大の武器になるのです。

今回は、チームの利益を中心にお伝えしましたので、「起業していきなりチームを組まないよ。」と思うかもしれませんが、男性と女性のメリット・デメリットを比べるためにお話ししました。

なので、女性は人の意見を取り入れつつテクニックやデータにも目を向ける、そして男性はテクニックやデータばかり求める傾向にあるため、相手の目線に立つということが大切。

それが、起業で成功する秘訣なのです。

私も今回お伝えしたことを大切に、共感とデータの両方を意識して仕事に取り組みます。

あなたも起業した際には、ぜひ、共感とデータの両方を意識して成功を目指しましょう。

女性は起業で成功できるのか?実は男性よりも優れている件 まとめ

男性よりも女性の方が起業で成功する?!

  • アメリカのS&P500の調査で、女性のCEOの方が判断能力が優れていることが分かった
  • マクマスター大学の研究では、取締役会に女性がいると利益率が42%高くなり、倒産リスクは女性一人につき20%減であることが分かった

なぜ女性は起業で成功しやすいのか

  • 男性は規則や伝統、経営理論をベースに意思決定する
  • 女性は他人の視点をベースに意思決定する
  • 女性の意見の方が、顧客の一人当たりの利益率は低くてもそれ以上に人が集まるため、結果として全体の利益率は高くなる

チームには多様性が必要

  • 男性あるいは女性の意見だけでは、上手くいかない可能性がある
  • 男性は、データを中心に判断する傾向にあるため、従業員や顧客に共感することが必要
  • 女性は共感力を武器に、テクニックやデータにも目を向けると起業で成功しやすくなる
目次
閉じる